中国茶・台湾茶を紹介しています。

*中国茶朋友会> 中国茶・台湾茶

台湾

<中国茶・台湾茶>

 

台湾には、自生の茶樹もあったようだが、今は、ほとんど中国福建省から移植された茶樹から作られている。
ということで歴史的にもそんなに古くないので生産されている台湾茶の種類や特徴は、ほとんど知られている。

中国では近年、政治的理由で茶畑を普通の畑に転作されたりしたので、茶業が停滞した。
しかし、台湾ではそのような空白期間がなく、独自の製法の開発がすすみ、海外への輸出量も増えたので知名度が高くなった。
産地の環境や新種の茶樹、製法の開発によって中国の茶葉とはちがったお茶になっている物が多い。

それから、なんと言っても烏龍茶=青茶が中心。昔は紅茶を多く作っていたけど、時代の流れというか今は烏龍茶が多くを占めて、一部緑茶や紅茶が作られている程度。台湾茶は「清香(チンシャン)」といわれる軽やかな清々しい香りが有名。
これは台湾茶の「文山包種」という茶葉に代表される表現やけど、「東方美人(白毫烏龍茶)」などを除いて、烏龍茶を作る途中の行程で行う焙煎が軽いので渋味が少なく、緑茶に近い日本人好みの味です。

 

*

 

台湾地図

 

台湾茶の種類

 

 台湾茶の分類  茶樹の種類

 

台湾茶の歴史

 

 台湾茶の歴史

 

台湾茶の産地

 

 台北茶の産地

 

 台湾茶関係鏈接(リンク)