台湾茶の産地:桃園県を紹介しています。

向陽農場*台湾茶の産地:桃園県

 

桃園県は台湾島の北西部にあり、台北県に隣接する台地に位置する県です。
昔は、土着民族の平埔族が居住する地域であり、その当時は"虎茅荘"と呼ばれていた
桃園はその昔「桃仔園」といい、いたるところに桃の木が見られ、桃の花が満開になる時期の美しい景色で知られていました。
年間2千万鉢以上の植木鉢を生産して台湾全体の65%を占めている桃園は山水の自然に恵まれるほか、「草花王国」という名称でも呼ばれています。

 

* 大溪鎮

清代には洋行や茶館がたくさんあった。
1986年に山林地帯でつくられる茶が「武陵茶」と名付けられた。

* 龍潭郷

ここでつくられる包種茶は名茶で1983年、当時の台湾省主席・李登輝氏が「龍泉茶」と名付けた。
その他にも、輸出用の煎茶・緑茶・紅茶もつくっている。

 

* 亀山郷

壽山茶が1983年、地元亀山郷の農会で製品化された。 

 

* 蘆竹郷

蘆峰茶が1996年、李登輝総統により命名されました。 

* 楊梅鎮

台湾省茶業改良所がある。1996年に秀才茶を製品化した。 

* 復興郷

拉拉山高山茶や高山茶がある。梅台茶を1987年製品化。


*

 

 

 

茶葉 桃園県の茶葉

 

  • 龍泉茶
    --- 桃園県龍潭郷

  • 秀才茶
    --- 桃園県 楊梅鎮
     
  • 武嶺茶
    --- 桃園県 大溪鎮
     
  • 壽山名茶
    --- 桃園県龜山郷
     
  • 蘆峰烏龍茶
    --- 桃園県蘆竹郷
     
  • 梅台茶
    --- 桃園県 復興郷
     
  • 金壺茶
    --- 桃園県 平鎮市