台湾茶の産地:台北市を紹介しています。

台北市*台湾茶の産地:台北市

 

台北市は日本と関係が深い、都市です。
というのも台北市の都市化には、日本が下水道の設置や学校・官公庁のビル建築などを行ったからです。 この台北市の北部は夜市で有名な士林があります。

そして、温泉で有名な北投があり、昔から、外港として栄えた淡水があります。

中心部は総統府、台北最古の寺、龍山寺など古くから栄えた地域です。

なんといっても、南部には台湾茶の産地である木柵地区があります。

 

* 文山区木柵 

この地域で最初に茶園を開発したのは、張廼妙(ちょうだいみょう)・張廼乾(ちょうだいかん)の兄弟です。天恩宮のすぐ横の展示中心に台湾茶の資料が展示されている。 

 

*

 

 

 

茶葉 台北市の茶葉

 

  • 木柵鉄観音
    --- 台北市文山区指南里猫空の一帯を木柵地域といい、ここで作られた鉄観音をいう。

  • 南港包種茶
    --- 台北市南港區で作られている包種茶。