中国茶の歴史を紹介しています。

中国茶朋友会>中国茶の歴史

神農イメージ

中国茶の種類

 

よく本なんかに書かれているのが、中国茶の六大分類。
ここもトップページには、白茶・黄茶・緑茶・青茶・紅茶・黒茶の六大分類と花茶、工芸茶に分けてメニューをつくっています。

 

六大分類は発酵の程度によって、分けていることになっている。
だから、白茶は微発酵茶、緑茶は不発酵茶、青茶は半発酵茶、紅茶は全発酵茶、黄茶は弱後発酵茶、黒茶は後発酵茶ってコトになります。

 

基本的にはこれだけで、これに花茶や工芸茶、茶外茶などを入れればOKですね。

しかし、このほかにも茶葉の形での分類や産地での分類など、いろいろな分け方がある。
でも、その辺は中国茶にハマってから調べればいいと思うよ。(笑)

特に初心者は知識よりも、おいしい中国茶をたくさん飲んだほうがが楽しい。


*

それでは各種類について、簡単に説明しておくからね。
詳しい説明は各種類のページでどうぞ・・・・・。

 

発酵度 分類 説  明 

不発酵茶

緑茶 茶葉を摘み取るとすぐに釜炒りなどをして発酵させない茶
微発酵茶 白茶 茶葉を摘み取った後に軽く天日干しなどで発酵させる茶
半発酵茶 青茶 茶葉を天日干しや室内で発酵させ全発酵する前に釜炒りをした茶
全発酵茶 紅茶 茶葉を完全に発酵させた茶、世界の紅茶のルーツ
弱後発酵茶 黄茶 緑茶の製造工程の後で悶黄(もんおう)という発酵をさせた茶 
後発酵茶 黒茶 緑茶の製造工程の途中で微生物などの発酵を加える茶
  花茶 緑茶や青茶に茉莉花(ジャスミン)など花の香りをつけた茶
  工芸茶 茶葉の形を加工したりして見る楽しみを加えた茶
  茶外茶

健康茶など茶葉を使っていないが「○○茶」という名称がついている茶