中国茶の飲み方を紹介しています。

*中国茶朋友会 >中国茶の魅力
中国茶の魅力

中国茶の魅力

<中国茶の魅力>

 

日本で中国茶が最初にブームになったキッカケは、ピンクレディが昔人気が絶頂だったころに「わたしちは烏龍茶でダイエットしてます。」ってことを取材で言ったことからだ。
若い人たちが、その話を聞いて飲み始めたもんだから、日本中に烏龍茶が広まった。

わたしはそれに影響されて飲み始めたわけじゃないですよ。
仕事の関係で中国茶を取り扱っている人と知り合いになって、飲ませてもらったのがキッカケ。

それからは、毎日ように飲んでいる。
とくに、中国に行って農家でつくっている鉄観音を飲ませてもらってからは、ハマりましたね。

茶葉によって異なる香り、味わい、知らない茶葉を飲むときの楽しみ。
そして、本物の中国茶を飲んだことがないひとに飲ませる楽しみ、ほとんどの人が、驚くんだね。

中国茶の道具も集めはじめると面白い。
とくに茶壺(ちゃふう)という中国茶をいれるための小さな急須は、ファンになる人が多い。

そんな中国茶の魅力を伝えていきたいと思う、そこで、中国茶の魅力を何種類が上げてみました。

 

*

 

 

中国茶の香りを楽しむ。

 

日本茶は味が中心で、香りのことはあまり言わない。
しかし、中国茶は「香り」が一番で、味のバリエーションも広い。

中国茶の香りには日本茶ほどの青臭さは少ない。
日本のように蒸すのではなく、釜炒りするので青臭さが飛んでしまうのだろう。

中国茶は種類によって蘭(らん)の花や金木犀(きんもくせい)、果物の茘枝(らいち)の香りなど、いろいろな香りがする。
この香りが中国茶の大きな魅力です。

台湾の金萱(きんせん)茶はミルクの香りと甘い味がして、はじめて飲むと驚く。
その味と香りがお茶の葉から生まれていると聞いて、もう1回驚く。(笑)

中国茶好きのタレント、渡辺満里奈さんは「阿里山(ありさん)茶は香ばしさと甘みが混じった香りがする。」と言っている。

もし、日本で売っているペットボトルや缶入りの中国茶を飲んで、それが中国茶だと思っているなら、一度本物を飲んでみなさいって、言ってあげたい。

 

 

 

中国茶の味を楽しむ。

 

中国茶の味と言っても、緑茶とウーロン茶、紅茶、黒茶など、それぞれが独特の味を持っている。
それが、中国茶の魅力といっていいだろう。
緑茶系の味が好きな人や烏龍茶系、紅茶系が好きな人と幅広い好みに対応してくれる。

そして、例えばウーロン茶系の味が好きな人には、まず中国系と台湾系で中国茶の雰囲気が違う。
台湾系の方が焙煎が軽いので日本茶に近い感じで好きな方が多い。

中国系も最近は焙煎が軽くなってきている。
でも、武夷岩茶というウーロン茶の元祖は、紅茶に近い感じがする。

そうそう、「焙煎(ばいせん)」というのは、中国茶を作るとき、熱を加えて乾燥度を上げること。
その時間が長いほど香ばしさが加わってくる。

また烏龍茶の種類が何百種類とあるので、いろいろな味を楽しむことができる。

 

 

 

中国茶の歴史を楽しむ。

 

中国の人は伝説が大好きだ。
昔からある茶樹には、ほとんどいろんな伝説、逸話がある。

例えば、「白鶏冠」という茶樹は、鶏の親子の物語がある。
緑茶で有名な「碧螺春(へきらしゅん)」にも、 太湖のほとりに住む美しい碧螺姑娘と 阿祥と言う青年のラブストーリーがある。

台湾茶と日本との関係も面白い。
台湾で中国茶が本格的に作られるようになったのは、日本の植民地になったことによる。

そして、薬の神様といわれる中国の「神農」とお茶との関係など、知らないうちに中国の歴史を覚えてしまう。

 

 

 

中国茶芸を楽しむ。

 

中国茶芸も楽しいもんだ。
日本の茶道のように固苦しいものじゃなくて、みんなでワイワイガヤガヤ話ながら楽しめる。

要するに中国茶を格好良くいれようみたいな感じだし、古くからあるものじゃないから、どの作法が正しいということもない。

国家的な資格として、中国で行われている茶藝師の試験に合格すると、認定された「茶藝師」を名乗ることは出来るけど…

そのほかにも民間の団体などでインストラクターとかいろいろな名前で資格を出している。

中国での試験だけど、日本人が参加できるツアーや企画がある。
何か日本人向けの資格のような感じも…

 

 

 

中国茶具を楽しむ。

 

中国茶好きのひとが茶壺(チァフウ)にハマることもよくあること。
明代の茶壺など、すごい値段が付いていたりする。

現在も中国の宜興では、国が認めた資格があり、その人たちがつくった茶器は、高価だ。
でも、手軽な値段の茶器もたくさんあるので、お気に入りの茶器で中国茶をいれるのも、楽しい。

小さくて可愛い茶器で中国茶をいれたり、彩色が綺麗な中国茶用の磁器(蓋碗)でいれたり
そのいれる作業も中国茶の楽しみ。

 

 

このほかにも、いろいろな楽しみ方がある。
自分の楽しみを見つけて、中国茶ライフを送って下さい。