中国茶の効能、効果を紹介しています。

*中国茶朋友会 >中国茶の効能・効果
中国茶の効能・効果

中国茶の効能・効果

<中国茶の効能・効果>

 

中国茶はもともと薬として飲まれていた。
お茶の起源としては、有名な「神農説」と「薬用起源説」があるけど、どちらも、最初はお茶を薬として使い始めたのが始まり。
それが今では、嗜好品となっているけど、効能は昔と変わりない。
だから、健康にいいのは当たり前。
現在、お茶の効能については、科学的な研究も進んでおり、健康志向のブームもあって、注目されている。*

 

*茶の抗ガン作用

 

抗ガン作用としては、茶の予防効果が期待されています。

茶葉の成分で、発ガンの抑制因子としては、カフェインやビタミンC、タンニン(カテキン類)が知られています。

 

ガンは、発生する段階の発ガンイニシエーションとガンが育っていく発ガンプロモーションの段階を経て発ガンするというのが現在の説です。

そして、発ガンイニシエーションに作用する物質をイニシエーター、発ガンプロモーションに作用する物質をプロモーターといいます。

これらの物質を抑制する働きについて、植物起源のフラボノイドやポリフェノール化合物が抗酸化作用と共に研究が進められています。

そして、茶に含まれるカテキン類が注目されています。

 

 

*中国茶のカテキンによる健康効果

 

1)老化を防ぐ

 

抗酸化作用が強いカテキン類は、体内で老化の元となる過酸化脂質と結びついている活性酸素をやっつける。
この活性酸素を除去する作用が、その他のいろいろな病気から守ってくれる。

 

2)食中毒などの菌類をやっつける。

 

食中毒を起こすポツリヌス菌は、お茶で死滅する。
そして、下痢を起こす細菌類に対しても、抗菌作用がある。

 

3)風邪を予防する。 

 

気管で増殖するインフルエンザウィルスには、カテキンが効果がある。
「うがい」などして気管にいるウィルスをやっつける。
体内に入ってしまうと駄目。 

 

4)虫歯菌にも有効だ。 

 

虫歯も細菌感染症の一種。
カテキンが虫歯菌の活性を抑制して、歯垢(しこう)を抑えてくれる。

 

 

*烏龍茶ポリフェノールのダイエット効果

 

1)脂肪が吸収されない。

 

脂肪分が消化器官(胃・腸)から吸収される前に、吸着して体外に排泄する。

 

2)中性脂肪を分解

 

体内の中性脂肪を分解する酵素の働きを活発にする。

 

*中国茶のカフェインの作用

1)脳の働きを活発になり、物事への反応が早くなる。 

 

その他にも、こころが活性化する。疲労を克服する。 
酸素消費量を上げたり、心臓病によるむくみを除く。
消化液の分泌をよくしたり、高血圧からくる頭痛の治療にも効果がある。 

 

2)リラクゼーションの作用 

 

中国茶のカフェインやテアニンなどによって血圧低下作用、リラクゼーションの作用がある。
テアニン、アルギニン、グルタミン酸などのアミノ酸は旨味(うまみ)や甘味から、安らぎや和(なご)みなどの緊張緩和(きんちょうかんわ)作用がある。
そして、香りでリラックスさせるアロマ成分(ジメチルスルフィド、青葉アルコール)も含まれている。