中国茶の入れ方(淹れ方)を紹介しています。

中国茶朋友会 >中国茶的初心者 >中国茶の入れ方

茶館イメージ

簡単な<strong>中国茶</strong>のいれ方

<中国茶の入れ方(淹れ方)>

 

入れ方には「中国茶芸」という方法がある。

割と簡単に覚えられるので、馴れてくれば試してみるのも中国茶の楽しみのひとつです。

そして、茶器を揃えるのもひとつの楽しみだけど、最初は家庭にある茶器で自由にいれていいと思う。。

でも、普段いれる日本茶とは少し違うところがあるのでポイントを何点か。

 

 


*

 

家庭にあるもので中国茶を入れるポイント

 

(1)できるだけ使う茶器は、温めておく。

 

基本的には、日本茶を入れるのと余り変わりない。
ただ、ウーロン茶を入れる場合は、熱湯の方が本来の香りと味が出るので、温度を保つために茶器は温めておいた方がいい。

温め方は、お湯を急須と湯飲みに入れて、温まれば捨てればいい。
------------------------------------------------------------

 

(2)茶湯は残さず出しきる。

 

日本茶でも急須にお湯を入れたままだと、苦みや渋みが出る。
とくに、中国茶は一煎ごとの香りの変化や味わいの変化を楽しむので、毎回、急須に茶湯を残さず出しきる。

中国緑茶の場合、蓋(ふた)付きの湯飲みがあれば一番いい。
湯飲みに茶葉をいれて蓋をするだけで飲める。
中身が3/1程度になったら、お湯を足す。
中国では、インスタントコーヒーのガラス瓶に茶葉をいれて持ち歩き、飲むときに熱い湯を入れて飲んでいる人も多い。

------------------------------------------------------------

 

(3)茶葉の量や蒸らし時間で味わいが変わる。

 

中国茶は「香り」を大切にするので、飲む茶葉に合わせて下の表を参考に茶葉の量や温度、蒸らし時間などを試して、好みの味わいと香りを見つけるといい。
同じ茶葉でも、産地や製法によっても異なるので下の表は、目安です。

 

茶 葉 茶葉の量 お湯の温度 時 間
緑茶 4〜5g/130cc 70〜85度 1分
烏龍茶(青茶) 7〜10g/130cc 95〜100度 1分
白茶 3〜4g/130cc 85〜95度 5分
黄茶 3g/130cc 70〜80度 3分
紅茶 10g/130cc 70〜80度 2分
黒茶  3g/130cc 95〜100度 1分
花茶 ベースになっている茶葉を参考にする。
緑茶がが多いが、白茶やウーロン茶がベースのお茶もある。 
工芸茶