【く】2件

【君山銀針】 くんざんぎんしん
【黄茶】Jun shan yin zhen
[産地] 湖南省岳陽市洞庭湖
[茶摘] 清明節(4月4・5日)前後に新芽だけを摘む。
[香味] 水色は薄いオレンジ、爽やかで奥深い香味がする。
[備考] 栽培・製造は洞庭湖の公園の中にある工場で行われている。
  湯のなかに入れた茶葉から出てくる気泡は「雀舌含珠(雀が珠をふくんでいる)」といわれる。

黄茶の代表と言える中国茶。
清代の乾隆帝に献上されたお茶として有名。
新芽だけを使ってつくられるため、1斤(500g)つくるのに20,000〜25,000の新芽が必要だといわれる。

【工夫茶】 くんふうちゃ
【中国茶用語】
【別称】功夫茶

中国茶の飲み方。
福建省で生まれた小さな急須の茶壺(ちゃふう)や茶杯などを使って飲む。
後年、台湾で茶芸として広まっている。

*
中国茶的初学者中国茶的講座中国茶的信息緑茶黄茶白茶青茶紅茶黒茶
花茶|工芸茶|中国茶用語辞書朋友の掲示板中国茶のお店中国茶朋友会
*
Copyright (C) 2004 中国茶朋友会 All Rights Reserved.