【ほ】4件

【包黄】 ほうおう
【製茶用語】

黄茶を作るとき、茶葉を包んで悶黄(もんおう)させることをいう。

【鳳凰単 ほうおうたんそう/fenghuangdandong
【青茶(烏龍茶)】広東省潮州鳳凰山

鳳凰単は1本の茶樹だけの茶葉でつくる単といわれる中国茶。
独特のフルーティーな香りが好まれている。

【北港毛尖】 ほっこうもうせん
【黄茶】Bei gang mao jian  
[産地] 湖南省岳陽  
[茶摘] 清明節(4月4・5日)がすんでから、1芯2〜3葉で摘む。  
[備考] 唐代から貢茶として有名。

【芒種】 ぼうしゅ
24節季のひとつ。 6月6日頃。

24節季が誕生したのは、2000年ほど前の中国。
農業と大きく関係していて、種植えの時期などを細かく知るために1年を24等分した。
基準となったのは一日の夜が一番長く、昼が短い”冬至”、その反対に夜が一番短くて、昼が一番長い日を”夏至”とした。
そして、その中間の夜と昼が同じ長さの日を”春分””秋分”とした。
それから、その間を6等分して24節季に分け、種植えや刈り取りの目安とした。

しかし、1872(明治5)年から、現在の新暦を使い始めたので24節季の正月が2月になり、すべての節季がずれている。
中国では、旧節季が生活のリズムなので、例えば2月の旧正月のほうが盛んに祝われる。

[節季 /名前(ふりがな)新暦月日]
【春】
正月節/立春(りっしゅん) 2/4頃
正月中/雨水(うすい) 2/18頃
二月節/啓蟄(けいちつ) 3/6頃
二月中/春分(しゅんぶん) 3/21頃
三月節/清明(せいめい) 4/5頃
三月中/穀雨(こくう) 4/20頃
【夏】
四月節/立夏(りっか) 5/6頃
四月中/小満(しょうまん)5/21頃
五月節 芒種(ぼうしゅ) 6/6頃
五月中/夏至( げし) 6/22頃
六月節/小暑( しょうしょ) 7/8頃
六月中/大暑(たいしょ) 7/23頃
【秋】
七月節/立秋(りっしゅう) 8/8頃
七月中/処暑(しょしょ) 8/24頃
八月節/白露(はくろ) 9/8頃
八月中/秋分(しゅうぶん) 9/23頃
九月節/寒露(かんろ) 10/9頃
九月中/霜降(そうこう) 10/24頃
【冬】
十月節/立冬(りっとう) 11/8頃
十月中/小雪(しょうせつ) 11/23頃
十一月節/大雪(たいせつ) 12/8頃
十一月中/冬至(とうじ) 12/22頃
十二月節/小寒(しょうかん) 1/6頃
十二月中/大寒(だいかん) 1/20頃

*
中国茶的初学者中国茶的講座中国茶的信息緑茶黄茶白茶青茶紅茶黒茶
花茶|工芸茶|中国茶用語辞書朋友の掲示板中国茶のお店中国茶朋友会
*
Copyright (C) 2004 中国茶朋友会 All Rights Reserved.