中国茶「鉄観音の故郷」を紹介しています。

*中国茶朋友会> 鉄観音のふるさと

安渓の鉄観音畑風景*

 

安渓の風景01

【安渓の山】

安渓の西坪は山の斜面全体が茶の段々畑だった。

日本のように小山のように並んだお茶畑ではなくて、山の斜面を茶樹が一株ずつ横に並んで植えられ、次の株は一段したになっている。

だから、茶摘みの機械化なんて、不可能だろうなって感じです。

 

鉄観音の故郷02

【遠くに見える茶摘の女性】

写真の上の方にある白い部分が茶摘みをした女性が持っている袋。

もう、登っていくだけでひと仕事。
そこでお茶を摘んでいっぱいになった袋を担いで降りてくる女性のたくましさ。

彼女たちにとって当たり前の風景が新鮮だった。

 

鉄観音の故郷03

[茶摘みをする女性]

これは茶農家に行く途中で茶摘みをしている女性を写したんだけど、このとき茶髪の日本人がカメラを向けたせいか全然こちらを向いてくれなかったなぁ。

本当に山の中で日本の田舎に来たような気持ちがしたけどね。

 

鉄観音の故郷04

[茶畑の中に立つ家]

さすがは鉄観音のふるさと。
家の周りを茶畑にしたのか、茶畑の中に家を建てたのか、毎日の生活と茶がとけ込んでいる。

 

【鉄観音の原木】→次へ