中国茶「紅茶の入れ方」を紹介しています。

中国茶朋友会紅茶 >紅茶の入れ方

中国茶「紅茶」紅茶の入れ方

<中国茶「紅茶の入れ方」>

 

紅茶は、烏龍茶のように茶壷を使った工夫茶芸の方法で入れてもいいし、普通の紅茶のようにティーポットを使って入れてもいいでしょう。

基本的には、砂糖やミルクなどは使いません。

でも、これも個人の好みなので、自分が飲んでおいしいと思う方法が一番ですよね。


*

 

茶壺(チャフウ)を使った紅茶の入れ方

 

 


茶具イメージ用意する茶具

1.茶盤(茶壺に湯をかけたるときこぼれた湯を受ける)
木製でも竹製の茶盤でもいい。
2.茶杯・茶托(茶を飲むときに使う)
3.茶船(茶器をあたためたり、湯をこぼしたりする)
4.茶壺(茶を入れる急須)
5.茶海(茶を均一にするための茶器)
6.茶荷(茶葉を茶壺にいれる道具)
7.茶缶(茶葉をいれておく器)
8.茶匙・茶鋏 (茶杯をつかんだりする道具)

 

工夫茶イメージ01

1.茶器をあたためる。

茶船にいれた茶壺と茶海に熱湯を全体にかけてあたためておく。
竹茶盤などでスペースが有れば、その上に茶船をのせて行ってもいい。

 

工夫茶イメージ02

2.あたためた茶杯を茶盤に移す。

茶杯が十分にあたたまったら、茶船の茶杯を茶鋏で挟んで茶盤に移す。

 

工夫茶イメージ01

3.茶葉をいれる。

茶缶から茶葉を*適量(茶壺の底がかくれる程度)、茶荷にとって茶壺にいれる。茶壺を軽くたたいて茶葉を均等にならす。
*茶壺のサイズや味の好みによって異なる。上記は目安。

 

工夫茶イメージ01

4.洗茶をする。

茶壺に熱湯をそそいで、そそいいだ湯を手早く茶海に移す。
これは、アクをとってかたい茶葉を開かせるための中国茶独特のいれ方。(かたくない茶葉や好みで、はぶいてもよい。)

 

工夫茶イメージ01

5.茶海へ茶湯をそそぎきる。

一煎目をおいしくいただくために茶壺の湯は、しっかりと出しきっておく。
次ぎに茶海の茶湯を茶杯にそそぎ分けて茶杯を洗いあたためておく。

 

工夫茶イメージ01

6.茶壺に熱湯をそそぐ。

茶壺からあふれるくらいたっぷりと熱湯をそそぐ。
このとき、少し高い位置からそそぐと、水圧で茶葉が開きやすくなる。

 

工夫茶イメージ01

7.アクをとる。

茶壺の蓋(ふた)で茶湯の表面に立った泡(アク)をすり切るようにして払いながら蓋を閉める。

 

工夫茶イメージ01

8.茶壺を外側からあたためる。

茶海と茶杯の茶湯をかけて、茶壺を外側からあたためて蒸らす。
(湯をかけてもよい)
蒸らし時間は茶葉の種類によるが、素焼きの茶壺の表面が渇いたころがちょうどよい。

 

工夫茶イメージ01

9.底の湯を切る。

茶船の縁(ふち)にそって茶壺を1・2回まわして、茶壺の底についた湯を切る。

 

工夫茶イメージ01

10.茶海に湯をそそぎきる。

茶壺の茶を茶海にすべて出しきり、人数分の茶杯に茶をそそぎ分ける。茶海にいれることで茶の濃さを均一にすることができる。
2煎目からは蒸らし時間を長くしていく。

 

*

 

ティーポットを使った紅茶の入れ方

 

  1. 紅茶に適したポット
    ジャンピングをできるだけ起きやすい状態にするため、ポットはできるだけ丸いものを選ぶ。
    水温が下がるとジャンピングが起きないから保温性の高いものを選びましょう。
    陶器製の丸いポットが温度を保てて、さらに対流が起きやすい。

  2. ポットを温めておく
    お湯の温度を下げないでジャンピングを起こすために、ポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めておきましょう。

  3. 茶葉を入れる
    温めたポットに、ティースプーン1杯(2〜3g)を1人分として、人数分の茶葉を入れます。
    細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にすると適量になります。

  4. 空気を含んだお水
    紅茶の美味しい成分を引き出す為には、水がたっぷりと空気を含んでいる必要があります。
    そのために、新鮮な汲みたての水を火にかけ沸騰させます。

  5. ジャンピング(対流)がおきる温度
    このとき、温度も大切です。
    90度以下では、ジャンピングがおこらないので、大きな泡で沸騰するまで強火で熱します。
    でも、沸騰した状態を3分以上続けると水の中にあった空気が無くなるのでジャンピングしなくなります。
    だから、沸騰してから少し待って火を止めて、手早くポットにお湯を注ぎましょう。

  6. 茶葉を蒸らす
    沸騰したてのお湯を人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らして下さい。
    この時、沸騰したお湯を勢いよく注ぐと良いといわれています。
    蒸らす時間は、細かい茶葉は2分半〜3分、大きい茶葉は3〜4分が目安です。

  7. ベストドロップまで注ぐ
    蒸らし終わったら、ポットの中を、スプーンで軽くひとまぜします。
    そして、ティーカップに茶こしで茶葉をこしながら、注ぎます。
    数人分の紅茶を入れる場合は、各ティーカップに均等になるように注ぎます。
    最後の一滴"ベスト・ドロップ"まで注いでください。