中国茶「青茶(烏龍茶)」を紹介しています。

中国茶朋友会>青茶(烏龍茶)

緑茶の種類

<中国茶「青茶(烏龍茶)」>

 

青茶(チンチャア)って何??って思いましたか。
青茶は日本でも有名な「烏龍茶(ウーロンチャア)」のことですが、
烏龍茶というのは俗称で正しくは青茶という。

中国の福建省を代表するお茶、福建省から移住した人や技術を
学ぶことで現在では、台湾でも代表的な茶葉となっている。
発酵の度合いで、「半発酵茶」と呼ばれることも。緑茶は「不発酵茶」。

日本では、台湾の烏龍茶が比較的多く入ってくるのと台湾の烏龍茶は、
発酵度が軽いので飲みやすいから結構ファンが多いですね。

大陸の烏龍茶では、「鉄観音」がよく飲まれる。烏龍茶の元祖ともいうべき「武夷岩茶」は、発酵度が強いことと入ってくる数が少ないので価格も高めのためか、ある程度中国茶のことを知っている人に人気があるみたいですね。

これから中国茶を飲もうと思われる方には、台湾の「高山烏龍」がおすすめかな。
華やかな香りで渋みが少なくて、茶葉の出す自然の甘さが、はじめて飲まれた方には「これが、お茶」って思われる方も多いです。


*

 

青茶の特徴

 

烏龍茶=青茶は発酵度が15%〜70%と幅広く、おまけに種類が多くて、またその種類によって発酵度が違うので共通した特徴が難しい。

それから、香りが花香といわれる花の香り、乳香といわれる練乳のような香りなどバラエティにとんでいます。

 

青茶の効用

 

青茶には烏龍茶ポリフェノールが含まれていて、血液中の中性脂肪を減少させることによって、生活習慣病の予防に効果あるといわれている。
ダイエットにも効果があるといわれ、日本に広まったが、よくいわれる体内の脂肪を分解することはない。しかし、分解を助ける効用はあるのでジュースや炭酸飲料を飲むよりもダイエットに少しは効果があるかもね。

それよりも、老化を進行させる活性酸素の発生を抑える効用が女性のお肌にもいいみたいですね。