中国茶「烏龍茶の入れ方」を紹介しています。

中国茶朋友会青茶(烏龍茶) >烏龍茶の入れ方

烏龍茶の入れ方青茶=烏龍茶の飲み方

<中国茶「烏龍茶の入れ方」>

 

青茶=烏龍茶は福建省で生まれた工夫茶(=功夫茶)という素焼きの急須(茶壺)を使った飲み方で飲むことが多いので、それを説明します。


この入れ方・飲み方は「中国茶芸」などと呼ばれて、台湾で盛んになりました。


もともとは中国で行っていた飲み方を台湾で「聞香杯」を加えたり、飲むときの順序や所作を決めたりして「茶芸」というようになった。
しかし、提唱する人によって部分的なやり方が異なっていたりするので、どの方法が正しいというわけではない。

このほかにも蓋碗(がいわん)という蓋(ふた)付きの磁器で作られた茶碗で飲む方法もある。


*

 


茶具イメージ用意する茶具

1.茶盤(茶壺に湯をかけたるときこぼれた湯を受ける)
木製でも竹製の茶盤でもいい。
2.茶杯・茶托(茶を飲むときに使う)
3.茶船(茶器をあたためたり、湯をこぼしたりする)
4.茶壺(茶を入れる急須)
5.茶海(茶を均一にするための茶器)
6.茶荷(茶葉を茶壺にいれる道具)
7.茶缶(茶葉をいれておく器)
8.茶匙・茶鋏 (茶杯をつかんだりする道具)

 

工夫茶イメージ01

1.茶器をあたためる。

茶船にいれた茶壺と茶海に熱湯を全体にかけてあたためておく。
竹茶盤などでスペースが有れば、その上に茶船をのせて行ってもいい。

 

工夫茶イメージ02

2.あたためた茶杯を茶盤に移す。

茶杯が十分にあたたまったら、茶船の茶杯を茶鋏で挟んで茶盤に移す。

 

工夫茶イメージ01

3.茶葉をいれる。

茶缶から茶葉を*適量(茶壺の底がかくれる程度)、茶荷にとって茶壺にいれる。茶壺を軽くたたいて茶葉を均等にならす。
*茶壺のサイズや味の好みによって異なる。上記は目安。

 

工夫茶イメージ01

4.洗茶をする。

茶壺に熱湯をそそいで、そそいいだ湯を手早く茶海に移す。
これは、アクをとってかたい茶葉を開かせるための中国茶独特のいれ方。(かたくない茶葉や好みで、はぶいてもよい。)

 

工夫茶イメージ01

5.茶海へ茶湯をそそぎきる。

一煎目をおいしくいただくために茶壺の湯は、しっかりと出しきっておく。
次ぎに茶海の茶湯を茶杯にそそぎ分けて茶杯を洗いあたためておく。

 

工夫茶イメージ01

6.茶壺に熱湯をそそぐ。

茶壺からあふれるくらいたっぷりと熱湯をそそぐ。
このとき、少し高い位置からそそぐと、水圧で茶葉が開きやすくなる。

 

工夫茶イメージ01

7.アクをとる。

茶壺の蓋(ふた)で茶湯の表面に立った泡(アク)をすり切るようにして払いながら蓋を閉める。

 

工夫茶イメージ01

8.茶壺を外側からあたためる。

茶海と茶杯の茶湯をかけて、茶壺を外側からあたためて蒸らす。
(湯をかけてもよい)
蒸らし時間は茶葉の種類によるが、素焼きの茶壺の表面が渇いたころがちょうどよい。

 

工夫茶イメージ01

9.底の湯を切る。

茶船の縁(ふち)にそって茶壺を1・2回まわして、茶壺の底についた湯を切る。

 

工夫茶イメージ01

10.茶海に湯をそそぎきる。

茶壺の茶を茶海にすべて出しきり、人数分の茶杯に茶をそそぎ分ける。茶海にいれることで茶の濃さを均一にすることができる。
2煎目からは蒸らし時間を長くしていく。

 

工夫茶イメージ01

【聞香杯を使う】
聞香杯を使う場合は、茶杯と同じようにあたため、茶海から聞香杯にそそいでから、茶杯に移し、聞香杯で香りを、茶杯で味を楽しむ。
2煎目からも聞香杯にそそぐ。