中国茶「青茶(烏龍茶)鉄観音」を紹介しています。

鉄観音鉄観音

<中国茶「青茶(烏龍茶)鉄観音」>

 

鉄観音の名前の由来も何説もあります。こちらではその内2つをご紹介いたします♪ どちらも清の乾隆年間のお話です。

※お話の中の細かい部分は諸説ありますが、ここでは「清心泡壺 台湾茶」(周君怡著 太雅生活出版社 2000年)にまとめられたものを参照しました。

 

■ 書生 王士涼のお話 ■

清の乾隆帝の世に、安渓に王士涼という書生がいました。ある日王士涼が友達たちと集まっている時、観音山のふもとで、とても姿の美しい茶樹を見つけました。彼はその茶樹を自宅に持ち帰り、庭に植えてとても大事に育てました。

茶樹は日に日に成長し、王士涼は若芽を摘み取ってお茶にしました。飲んでみると、当時の烏龍茶と比べて相当に味わいが良かったので、その年王士涼はそのお茶をもって大臣に会いに行きました。

大臣が乾隆帝にそのお茶を差し上げたところ、乾隆帝はそのお茶を飲んで非常に喜び、そのお茶が観音様の様に美しく、鉄のように重かったことから「鉄観音」と名付けたそうです。

 

■ 茶農 魏飲のお話 ■

清の乾隆帝の世に、安渓に非常に信心深い魏飲という茶農がいました。彼は何十年もの間、一日も休むことなく、毎朝 観音菩薩にお茶をお供えしていました。

ある夜魏飲は、夢を見ました。観音菩薩が裏の山の崖に現れたので、すぐさま跪いて拝んだところ、崖の石壁に、蘭のような香りを放つ、何ともいえない美しい姿の茶樹が生えてきました。魏飲が手を伸ばして葉を摘もうとしたところ、うるさく犬の声がして、魏飲は夢から覚めました。

目が覚めた後、どう頑張っても寝付けなかった魏飲は、夢の印象を頼りに、山に先程の夢で見た茶樹を探しに行きました。そしてついに山の奥深くで、魏飲は夢の中と同じ茶樹を見つけました。

数葉摘み取り、家に持って帰って製茶して飲んでみたところ、その味わいは何とも素晴らしく、茶中の王と呼んでよいほどでした。

次の日魏飲は再び山に登り、挿木法でそのお茶を繁殖しようと、鉄鍋の中に挿木しました。そうして育った茶樹も、もともとの茶樹と同じ味になったので、魏飲はそのお茶を家宝とし、大事なお客様が訪れた時にだけ出してきて、ごちそうしました。皆口々にそのお茶を褒め、褒めないものはいませんでした。

ある日、町の塾の先生がこのお茶を飲んで、そのあまりの美味しさに驚き、魏飲にお茶がどうして出来たものか尋ねました。魏飲は観音様の夢の話をしたところ、先生は「それはあなたの信心に感動した観音様が、夢を通じて贈ってくれたものに違いない」と言い、さらにその茶樹が鉄鍋の中に植えたものであり、茶葉が厚く鉄のように重いことから「鉄観音」と名付けたら良いのではないか、と提案しました。魏飲はすぐさま賛同し、このお茶は「鉄観音」という名前で世に広まっていったそうです。


*

 

鉄観音

 

[産地]

福建省武夷山

 

[水色]

濃い赤橙色

 

[香味]

香ばしい匂いがいっぱいに広がって、その奥の方に甘い香りが隠れている。
華やかな香りはないが香ばしさと甘さが混じった落ち着いた匂いを感じた。
口に含むと軽い苦みに思いがとられるが、気づくと口の中全体に静かな甘味が広がっている。


岩茶は発酵度がやや強いのが特徴で、茶葉が3割程度紅色に変色する「三紅七緑」。
製茶の最後の工程で数回焙煎して仕上げるので、岩茶特有の甘い香りが残る。
これを「岩韵(がんいん)」と呼び、これは岩茶特有の味わい。
甘い香りと青茶特有の芳ばしさがあり、すっきりとした飲み心地。岩地のミネラルを多く含んでいるので冷え性にも効果があるといわれている。