中国茶「青茶(烏龍茶)千里香」を紹介しています。

千里香千里香

<中国茶「青茶(烏龍茶)千里香」>

 

岩茶の中ではニューフェースの茶葉ですね。まだ新しい岩茶らしくいまの時代にあった香りや味でいいですよ。
私はそう思いますけどね。

香りの良さから名付けられたとはいえ千里はないやろって感じですかね。さすが中国、ネーミングも雄大です。そういえば万里の長城も万里もないやろね。

やさしい香りと、ほんのりと甘い味が、気分をリラックスさせてくれます。
好きな音楽をBGM に、アフターヌーン・ティを楽しんでみては?
極上のヒーリング効果が期待できそうです。


*

 

千里香

 

[産地]

福建省武夷山

 

[茶葉]

 

 

[香味]

 

 

[由来・伝説]

福建省の武夷山市南方にある武夷山は、青茶(俗称:烏龍茶)の故郷であり、最高級の青茶を数多く産出しています。
その数多い青茶の中で、その香りが千里まで届くと言う意味で名付けられた茶葉です。

 


岩茶は発酵度がやや強いのが特徴で、茶葉が3割程度紅色に変色する「三紅七緑」。
製茶の最後の工程で数回焙煎して仕上げるので、岩茶特有の甘い香りが残る。
これを「岩韵(がんいん)」と呼び、これは岩茶特有の味わい。
甘い香りと青茶特有の芳ばしさがあり、すっきりとした飲み心地。岩地のミネラルを多く含んでいるので冷え性にも効果があるといわれている。