中国茶の黄茶の作り方を紹介しています。

中国茶朋友会黄茶>黄茶の作り方

黄茶のつくり方

<黄茶の作り方>

 

基本的な製造工程は緑茶と同じだが、茶摘みは白茶と同じように一旗一槍といわれる一芯一葉が多い。
途中で『悶黄(もんおう)』という、湿気と堆積熱で発酵をすすめる工程が入ることが特徴。

悶黄はいくつかの異なった方法があり「復ほん(フーーホン)」の後、紙に包んで発酵箱にいれる方法が多いが、簀(す)の子に茶葉を敷き、布をかぶせる方法、竹の籠(かご)に詰め込む方法などがある。


*

 

  1. ┌【茶摘み】
    ↓一旗一槍(一芯一葉)が多いが、黄大茶は一芯三,四葉で摘まれる。
  2. ├【日光萎凋(にっこういちょう)】
    ↓ 摘んだ茶葉を広げて日光に当てる。酸化発酵が進む。
  3. ├【室内萎凋(しつないいちょう)】
    ↓ 茶葉を室内に移動して、酸化発酵を進める。
  4. ├【殺青(さっせい)】
    ↓茶葉に熱を加えて、発酵を止める
  5. ├【揉捻(じゅうねん)】
    ↓お茶を揉む。お茶の出をよくしたり、発酵を促す。
  6. ├【初ほん(チューホン)】
    ↓熱を加えて水分を取り除きながら、茶葉を乾燥させていく。
  7. ├【悶黄(メンファン)】
    ↓まだ水分を多く含んだ茶葉を高温多湿な場所に放置し、菌の働きで軽く後発酵させる。
  8. ├【復ほん(フーーホン)】
    ↓熱を加えて水分を取り除きながら、茶葉を乾燥させていく。
  9. ├【悶黄(メンファン)】
    ↓もう一度、菌の働きで軽く後発酵させる。
  10. └【乾燥】
    茶葉を乾燥させる