中国茶の黄茶を紹介しています。

中国茶朋友会 >黄茶

黄茶

<中国茶の黄茶>

 

黄茶の製法は、発酵と止める「殺青(さっせい)」、香りと茶の出をよくする「揉捻(じゅうねん)」のあとに
「悶黄(もんおう)」という独特の行程が入ることで、ほかの中国茶とは異なった味わいを出している。

中国では、茶葉が黄色で茶色も黄色いので「黄葉黄湯」という言葉がある。

 

黄茶は古く、清代に曹雪芹が書いた長編小説『紅楼夢(こうろうむ)』のなかにも出てくる。
「賈母」と呼ばれる賈家(かけ)の当主・賈政の母親「史太君(したいくん)」がろう水庵(ろうすいあん)で水を所望したとき、
有髪の尼僧「妙玉(みょうぎょく)」が出したお茶が『老君眉(ろうくんび)』であった。
この『老君眉』が、黄茶の『君山銀針(くんざんぎんしん)』だといわれている。  


*
黄茶イメージ
   
* 黄茶の歴史
   
* 黄茶の作り方
   
* 黄茶の飲み方
   
* 黄茶の種類