中国茶の黄茶の歴史を紹介しています。

中国茶朋友会黄茶>黄茶の歴史

黄茶の歴史

<黄茶の歴史>

 

黄茶は、明代に初めて現れたといわれています。
18世紀には製法が完成され、唐代、清代と皇帝中心に飲まれていた茶ですが、
今日でも、生産量は多くない。


*

 

年代 歴史
1636年    
    清代にはいって間もないころに緑茶に『悶黄(もんおう)』の行程を加えた『黄茶』が製茶されはじめた。
    『唐国史補(とうこくしほ)』李肇(りちょう)著
皇帝への極上献上茶の14品のひとつに黄茶の「寿州(安徽省)の霍山黄芽茶」を上げている。



1912年    
     
     






 1946年    
     
 1971年   安徽省「霍山黄芽」がつくられる。